脱毛後の運動はなぜいけないのか?

運動する女性

脱毛後の運動はなぜいけないのか?

サロンや医療クリニックで脱毛を受けた後、「施術直後の激しい運動はひかえてください」といわれることがあります。

「手術を受けたわけでもあるまいし、なぜ脱毛ごときで運動することを禁じられるんだろう」と思う人もいるかもしれません。

ただ、これにはもちろん理由があります。

まず、運動を避けるべき理由というのは「運動そのもの」にあるのではありません。

運動することで血行が良くなること、そして汗をかいてしまうことが問題なのです。

サロンでの光脱毛、あるいは医療クリニックでのレーザー脱毛でも同じですが、特殊な光によってメラニン色素に光や熱を与え、毛根を破壊。そのことで脱毛処理を行います。

このような処置のために脱毛した後はどうしても皮膚に熱がこもってしまい、大変デリケートな状態になっています。

これは肌が軽く火傷を負っているのと変わりません。このような状態ではちょっとした刺激でも「赤み」や「かゆみ」が生じやすいのです。

熱が上がってしまうのを防ぐために、多くのサロンやクリニックでは肌を冷やしながら施術を行ったり、脱毛後も冷却ジェルを使って肌の温度を下げてくれます。

このように肌に熱がこもらないようにしているのに、その直後に運動をしてしまっては体温が上がってしまい、冷やしていたことに意味がなくなります。

また、運動をすると汗をかきますが、汗をかいた状態だと肌に雑菌が繁殖しやすくなっています。

脱毛後は上記のように肌がデリケートな状態のため、開いた毛穴に雑菌が入りこむと、肌トラブルにつながります。

要するに、なぜ脱毛後の運動を禁止しているかといえば、体温の上昇、および雑菌による肌トラブルの発生・悪化を防ぐためです。

仙台の人気脱毛サロンランキングTOPへ