脱毛すると逆に毛が濃くなる?

「硬毛化」「多毛化」って何?

「ムダ毛を処理したくてサロンに行き始めたのに、施術を続けるうちに毛が増えたり、太くなったりした」

ネットで脱毛の口コミをチェックしていると、こんな内容のものが投稿されていました。

これは「硬毛化」「多毛化」という現象です。サロンや医療クリニックで脱毛を続けているうち、ごくまれに起こるといわれています。

なぜこんな現象が起こるのでしょう?

実は明確な原因は、まだ科学的に解明されていません。

考えられるのは、「照射される光やレーザーが毛根の活動に影響を与えているのでは?」ということ。

サロンにしろ医療クリニックにしろ、施術の原理は変わりません。サロンではIPL(インテンスパルスライト)、医療クリニックではダイオード、アレキサンドラライト、YAGといったレーザー光を肌に照射します。すると光がメラニン色素を含んだ毛根に反応し、熱エネルギーに変わります。この高熱の影響で毛乳頭や毛母細胞の組織が弱体化し、毛が延びなくなるのです。

普通なら光の照射を繰り返していくとムダ毛は薄くなってしまうのですが、毛質によってはかえって発毛活動の刺激となり、毛が太く硬くなってしまうことがあります。これが硬毛化・多毛化と呼ばれる現象です。

おそらく照射に対して自衛しているうち、細胞が突然変異を起こしたのだろうと思われます。

では、この現象に対処するにはどのような手段があるのでしょう?

サロンやクリニックによれば——

・施術時の光の波長を変更する
・光のパワーを強くする
・一旦、施術を休む
・電気脱毛(ニードル脱毛)に変える

といった対策があるようです。

もし硬毛化・多毛化が起こったら、サロンのスタッフや医師に必ず相談して下さい。

仙台の人気脱毛サロンランキングTOPへ