自分に合った家庭用脱毛器をどうやって選ぶ?

最近、本格的に脱毛する人が以前より増えています。
脱毛サロンや医療クリニックもどんどん多くなっており、ブームと言える状態になっているようです。

またそれにあわせて、手軽に脱毛効果が得られる家庭用脱毛器を購入する人も増加しています。

「簡単にムダ毛処理ができるなら、自分も購入してみようかな」と考える人もいるでしょうが、安い製品とは決していえませんし、方式や機器の種類が多くて戸惑うくらいです。その脱毛効果や長所と短所、また自分の体質に合うかどうかもきちんと知っておかないとと、あとで悔やむことになりかねません。

そこでこのサイトを立ち上げてみました。以下、家庭用脱毛器を買ってみたいという人のために、その特徴や選び方について分かりやすく説明していこうと思います。

家庭用脱毛器ってそもそもどんな器具?

家庭用脱毛器
以前、ムダ毛を自己処理する時は、カミソリ、毛抜き、脱毛テープ、除毛クリーム、ワックスといった簡単な道具を使うしかありませんでした。

確かにそれらの道具は手軽ではありますが、肌や毛穴への負担が大きいのが欠点です。
長い間使い続けていると、肌荒れ・くすみ・黒ずみ(色素沈着)はもちろん、毛嚢炎・埋没毛といった肌トラブルを引き起こしがちです。

それを避けたい場合は、熟練したプロのいる脱毛サロンや医療クリニックで処理をしてもらうわけですが、何しろ契約後は数ヶ月から数年に渡って脱毛に通い続ける必要があります。「長くかかるのが面倒臭い」という人も多いですし、交通費を含めたその費用も馬鹿になりません。

家庭用脱毛器の発明は、そんな人たちにとってありがたいことでした。家庭用脱毛器というのは、脱毛の原理がサロンや医療クリニックと変わりません。
つまりメラニン色素に反応する特殊な光によって、毛根のみにダメージを与えるため、カミソリや毛抜きに比べて肌への負担がずっと軽くてすみます。

ムダ毛を自己処理しても肌トラブルが起きにくい、というのは画期的で、家庭用脱毛器があっという間にベストセラー商品になったのも当然のことでしょう。

値段についても、もちろんサロンや医療クリニックに通うよりもはるかにリーズナブルですみます。ただ、美容器具だけに一般の家電よりも高価なので、いざ購入ということになると慎重になってしまいます。

以下の情報をキチンと頭に入れ、自分の体質や予算に合うものを選んで下さい。

どうやって家庭用脱毛器を選べばいいの?

どうやって選べばいいの?
家庭用脱毛器はあくまで特殊な美容器具です。「自分好みのデザインだったから」「値段が安かったから」などの理由で買うと、後悔することが多いようです。

家庭用脱毛器選びで失敗しないためのコツをいくつか挙げてみます——

使い勝手が悪くないか?

家庭用脱毛器の口コミをネットでチェックすると、

「『脱毛効果が抜群』と聞いたので買いました。ところが、実際に使ってみると持ち手の部分がすごく重くて疲れてしまいます」

「照射面積が小さく、処理に手間がかかって打ち漏れも出ます」

「動作音があまりに大きいので夜中には使えません」

などの書き込みが結構見つかります。これらのように「使用感が悪い」という理由から、せっかく高いお金を出して買ったのにいつの間にか使用しなくなった、という人も時々いるようです。

こんな悲しい事態を避けるために、照射面積、最大出力レベル、連射機能については購入する前に必ずチェックするようにしましょう。また、近所に家電店があるなら製品を実際に触り、その重量を確かめた方が無難です。

コストパフォーマンスはいいか?

家庭用脱毛器を買う時によくあるのは、本体の値段のみをチェックして購入し、失敗してしまうパターン。

家庭用脱毛器は2万円台の安価なものから、10万円以上の高級品までいろいろそろっていますが、使うたびに消耗していくカートリッジなどのランニングコストを忘れてはいけません。

買う前に「本体価格・プラス・ランニングコスト」がどれくらいなのかをしっかり把握しましょう。

脱毛効果をよく知っておく

脱毛の方式は脱毛サロンと医療クリニックでは違いますが、それは家庭用脱毛器でも同じことです。現在メインとなっているのは、フラッシュ脱毛方式、レーザー脱毛方式、超音波脱毛方式といったものですが、それぞれ長所と短所があります。

脱毛をおこなう部位やどういう効果を得たいのかは使う人それぞれで違いますから、それらのいくつかの方式について向き不向きを知っておいた方がいいでしょう。

また、「デリケートゾーンや顔にも使えるか」「打ち漏れなく処理できるか」などの細かい部分も、なるべく把握しておくべきです。

以上、使用感、コスパ、脱毛効果という3つの要素はしっかりと押さえておいてください。

家庭用脱毛器を使用する上でのメリットとデメリット

メリットとデメリット

家庭用脱毛器のメリット

・自分の暇な時間に、好きな部位のムダ毛を手軽に処理できる
・医療クリニックやサロンへ行く必要がなく、比較すると価格も安い
・脱毛器の出力レベルを自分に合ったものに変えられるので、痛みも少ない

家庭用脱毛器のデメリット


原理的に、脱毛サロンやクリニックで使われている器械と家庭用脱毛器は同じものです。

両方とも発毛機能に損傷を与える特殊な光を照射するわけですが、その出力は火傷などのトラブルを起こさないように抑えられているので、今のところ永久脱毛は不可能です。

なお、勘違いしている人も多いのですが、サロンで行われている脱毛は正確には「抑毛」です。
したがって数年経つと、施術した部位からムダ毛が再生してきます。

永久脱毛をやりたいなら、レーザー脱毛を行っている医療クリニックに行きましょう。

家庭用脱毛器で採用されている脱毛方式は?

家庭用脱毛器で採用されている脱毛方式は?
家庭用脱毛器で使われている脱毛方式には、以下のものがあります——

フラッシュ式

こちらはサロンの器械と仕組みが同じです。IPLという特殊な光を当て、毛母細胞、毛乳頭といった発毛機能にダメージを与えて脱毛します。

この方式の長所のひとつは、他の方式の器械より照射口が広いこと。つまり1回で照射可能な範囲が大きく、ショット数が少なくても広い範囲で脱毛ができるということです。費用と手間が省けるため、全身脱毛などにはもってこいです。

レーザー式より照射パワーは低く、肌が熱くなることもないため、処理時の痛みもかなり軽微ですみます。

完全な脱毛までに日数がかかる点がデメリットですが、それでも約1年で自己処理がいらなくなります。

レーザー式

指や顔の一部のような狭い部位のムダ毛を短期間で処理をしたい、という場合はレーザー式が向いています。

レーザー式脱毛器は、医療クリニックの器械と同じ仕組みです。光はIPLと同じように肌を素通りしてムダ毛のメラニン色素に反応。熱へと変化して毛根部位に大きな損傷を与えます。

レーザー式脱毛器は照射口が狭く、照射パワーが強いため、フラッシュ式よりも脱毛効果が高くなります。

そのために脱毛に要する日数も短くてすみ、2週間に1回のペースで照射をおこなうと、3ヶ月くらいで効果があらわれてきます。

ただ、広範囲のムダ毛を処理したい場合、1回あたりの照射には時間がかかり、打ち漏れも発生しやすくなります。

また、大きなデメリットなのが照射時に感じる痛みです。「怖くなるくらい痛い」「照射前にビクビクしてしまう」といった口コミが多く、痛みが苦手な人は使いづらいかもしれません。そのため、肌の薄いVIOのような部位では注意が必要です。

また、レーザーがホクロ、シミ、日焼けといった濃い色の部分に反応して火傷となることがあります。
それらの部分には絶対に照射しないようにしてください。

高周波(超音波)式

高周波脱毛器はフラッシュ式やレーザー式と違って光は使いません。ムダ毛をピンセットのように挟んで脱毛処理をおこないます。

また、高周波の作用でムダ毛が抜けていくため、毛穴にダメージを与えないで脱毛ができます。ただ処理は一本ずつなので、広い範囲を脱毛したい時は時間がかかります。足などの脱毛をしたいなら、フラッシュ式やレーザー式の方がいいでしょう。

なお、上記の方式と種類は違うのですが、「サーミコン(熱線)式」「ローラー式」についても説明しておきましょう。

サーミコン式脱毛器は、サーミコン(熱線)の熱によってムダ毛を処理します。
毛根にダメージを及ぼすものではなく、クリームやカミソリのように表面のムダ毛を一時的に処理するだけです。

ただ毛先を丸くできるので、カミソリのチクチク感が苦手な人には向いています。

そして「ローラー式」ですが、肌にローラーヘッドを滑らせてムダ毛を挟み、そのまま抜く、という方法を取っています。

つまり毛抜と同じ仕組みですが、一気に広範囲を脱毛できるところがメリットです。もちろん毛穴に負担を及ぼすことになるため、あまりおすすめはできません。

家庭用脱毛器の値段はどれくらいなの?

値段はどれくらいなの?
家庭用脱毛器というのは、どれくらいの値段で売っているのでしょうか?

公式サイトなどの数値をもとに、主だった家庭用脱毛器の価格をまとめてみました——

・ノーノーヘア…12,800円

・エピレタ…17,800円

・センスエピX…29,800円

・ラヴィ(lavie)…39,800円

・トリア…54,800円

・ローワン…54,800円

・フィリップス…66,880円

・2PSクリスタル…69,800円

・ケノン…69,800円

・ダブルエピ…81,000円

・レイボーテグランデ…108,000円

以上で分かるように、値段はバラバラです。2万以下のものから10万円を越える高級品まで、予算に応じて選べるようになっています。

脱毛方法はフラッシュ式のものがほとんどですが、トリアのみがレーザー式、そしてノーノーヘアだけがサーミコン(熱線)式です。

上でも述べましたが、購入の際はカートリッジ等の付属品の値段を考慮しなくてはいけません。これらの付属品は長く使うなら必ず買い続ける必要があります。

本体を購入する前に、その価格に加えて消耗品のランニングコストがいくらぐらいになるか、自分で詳細にチェックしておきましょう。その結果を比較しながら、納得できる価格のものを選ぶことが重要です。

たとえば上記の機種のうち、特に人気のある4つについて、そのランニングコストをまとめてみると——

・ケノン
ワンショットの単価…約0.15円
照射面積…9.25平方cm

・ラヴィ(lavie)オールインワンセット
ワンショットの単価…約0.2円
照射面積…7.4平方cm

・トリア
ワンショットの単価…約0.06円
照射面積…1平方cm

・センスエピX
ワンショットの単価…約0.09円
照射面積…2.7平方cm

となります。

この結果を見て、「ワンショットあたりの価格の差は、たった0.05〜0.1円か」と思う人がいるでしょう。しかし家庭用脱毛器では、効果を高めるために2週間に1度は光を当て続ける必要があります。つまり、ワンショットだとたった0.1円でも、そのランニングコストは思った以上に増えていくわけです。

また、案外見落とされがちなのが「照射範囲」です。ワンショットでの照射範囲が広いとそれだけショット数は減っていきますから、その分ランニングコストはかからずにすみます。

トリアなどはレーザー式なので狭い範囲にしか照射できません。フラッシュ式のケノンやラヴィと比較すると、照射面積は2分の1以下です。

脱毛したい部位が広い人は、それぞれのワンショットにおける単価と照射面積がどれくらいか、よく調べておきましょう。
その上でなるべく安価なものを選んで下さい。

以上、上手な家庭用脱毛器の選び方について説明してみました。いかがだったでしょうか?

上で記したように、家庭用脱毛器はフラッシュ式、レーザー式などの脱毛方式によって効果や用途が相当異なります。また本体の価格だけでなく、消耗品のランニングコストを考慮に入れておくのも忘れてはいけません。

このサイトを参考にしながら自分の目的や予算に合致した機種を選び、快適な脱毛生活を送ってください。