医療脱毛クリニックをどうやって選ぶか

以前は「金持ちだけがやるもの」と考えられていた脱毛も、美容意識の向上と脱毛技術の進歩、そして値段が安くなったこともあって、かなり客層が広がりました。
店舗数が圧倒的に多いことから、以前はサロンに通う人が多かったのですが、最近は医療クリニックの長所を知る人が増え、その利用者も増加中です。

そこでこのページでは、「これから脱毛したい」という人のため、医療クリニックについて色々と解説することにしました。その脱毛方法やメリット・デメリット、クリニックを選ぶ際のコツなどについて、以下のセクションで詳細に書いていきます。

医療クリニックでの脱毛とは

医療クリニック
上で述べたように、プロの脱毛の施術を受けるためにはサロンか医療クリニックに通う必要があります。
両方とも特別なマシンを用いてムダ毛処理をするところは同じなのですが、違うところもずいぶんあります。

では医療クリニックの特徴とは、どういう点なのでしょう?

1)レーザーライトで脱毛をおこなう

まず最初の特徴ですが、医療クリニックではレーザーライトを用いてムダ毛の処理をおこないます。このレーザー脱毛技術は、ハーバード大学のアンダーソン教授による「選択的光熱凝固理論」に基づいて開発されたもので、長い脱毛の歴史の中でも画期的な出来事でした。

それまでの脱毛というのは、プローブと呼ばれる電気針を使ったものがメインで、美容電気脱毛(ニードル脱毛)と呼ばれていました。
これはアメリカで逆さまつ毛を脱毛するのに用いられたのが始まりで(150年近く前です)、毛穴にプローブを突き刺し、電気を通して発毛期間を破壊します。

この方法は脱毛効果に関しては優秀なのですが、なにしろ毛の1本1本を手作業で脱毛するために時間と手間がかかり、それだけ料金も高くなってしまいます。
しかも施術中の痛みというのがかなり激しく、被施術者はそれに耐える必要があります。

この状況に根本的な変化をもたらしたのが、レーザー脱毛の登場でした。

レーザー脱毛というのは、単一の波長を持つライト(レーザー)を増幅した上で、ムダ毛のある肌に当てる方法です。元来レーザーライトは、波長の長さに従って違う色にアプローチする性質を持っています。つまり、黒、赤、青といった色の違うモノがあれば、波長を変えることでターゲットだけに集中的に熱を加え、その組織にダメージを与えることができるわけです。
このレーザーの性質を用い、医療現場でも様々な手術がおこなわれています。

脱毛では、皮下の毛に含まれている黒いメラニン色素がターゲットになるよう、波長を調整します。そのレーザーライトを当てると、皮下のメラニン色素にライトが吸収されて高熱が発生します。すると毛が伝導体となって、毛包全体にその高熱が伝わっていきます。やがてその熱がさらに拡大すると、毛の成長を促進する毛球部の毛母細胞を死滅させることになり、発毛を阻害できるのです。

この方法のメリットは、レーザーの波長が単一なのでメラニン色素だけに反応し、表皮や周辺細胞にダメージを与えないという点。 おかげで肌に直接レーザーライトを照射することができ、かなりのスピードで施術がおこなえます。

最初開発された時はレーザーの種類はひとつしかありませんでしたが、今ではアレキサンドライト、ダイオード、YAGなど、波長の違うライトを照射できる機器が何種類もそろっていて、処理する部位や個人の毛のクセに合わせて選べるようになっています。

2)永久脱毛が可能

脱毛というと「一度施術を受ければ、その部位からは死ぬまでムダ毛が生えてこない」と勘違いしている人がいます。

しかし、毛根というのはかなり丈夫な器官で、その発毛機能は多少の損傷を受けてもちゃんと復活します。1回レーザーを照射しただけでは効果も中途半端ですし、毛には毛周期と呼ばれる発毛のサイクルがあるため、それに合わせて施術を何回もおこなう必要があります。そうやって照射を長期間に渡って継続するうちに毛が少なくなり、部位がツルツルになってきます。

サロンでも、医療クリニックと同様、光の出る器械を用いて施術を行ないますが、その照射パワーが段違いに低いため、発毛機能はただちょっと弱体化するだけです。そのために数年くらい経つと毛根がパワーを取り戻し、毛がまた伸びてしまいます。

その点、医療クリニックでは威力抜群のレーザーライトを使うため、照射されたパーツのムダ毛が復活する可能性は低くなっています。
つまりいわゆる「永久脱毛」ができるわけです。

3)医師免許を持つ人間が器械を操作する

上でも説明した通り、サロンで用いられている機器は光を使って毛根にダメージを与えるものではありますが、レーザー脱毛ではありません。その光とレーザー光線では、威力において銃弾と砲弾ほどの差があります。「危険性がほとんどない」とされているので、サロンでは機器を操作するのに特別の資格はいりません。

ところがレーザー脱毛の場合、毛根を破壊するほどのパワーを持っていますから、操作ミスをすると大変な事故につながりかねません。そのため機器を操作するのは、いざという時にケガの手当ができる医師に限られています。
もちろん、トラブルの応急処置ができる医療器具もそろっていますから、その点は安心です。

医療脱毛の長所と短所

長所と短所

長所

・医者が常駐しているために万一のことがあっても安心できる
・施術による脱毛効果が非常に優れていて、部位が確実にツルツルになる
・サロンよりも施術回数が段違いに少なく、脱毛完了までの日数も短い

短所

・サロンと比較すると、はるかに料金が高い
・レーザー光線を照射された時の痛みがかなり強い
・通うクリニックによっては、「整形をやっている」と周りに勘違いされる

医療クリニックと脱毛サロンの2つはどう違うのか?

どう違うのか?
上記の文章で、クリニックと脱毛サロンの相違について少しだけ述べましたが、ここでさらにいくつかの違いをまとめておきます——

料金

脱毛サロンは争うように雑誌に広告を出していますが、そこには大抵巨大な字で値下げ価格が書かれています。それで分かるように、サロンの大きなセールスポイントはその料金にあります。

一方、医療脱毛クリニックの料金はあまりディスカウントされず、上記の「短所」のところで述べたように決して安いとは言えません。

ここで、脱毛完了までの料金の相場がどれくらいなのか、脱毛サロンと医療クリニックの具体的なデータを一覧にしてみましょう。

最初に脱毛サロンです。全国に店舗を持つ計20社の公式サイトから、部位ごとの平均費用を算出してみたところ——

・全身…¥164,700
・ワキ…¥16,833
・顔…¥41,033
・VIO…¥58,633
・腕(ヒジ上)…¥47,800
・腕(ヒジ下)…¥48,600
・足(ヒザ上)…¥56,300
・足(ヒザ下)…¥55,100
・背中(上下)…¥71,600
・うなじ…¥19,000

という金額になりました。

続いて医療クリニックです。こちらはネットでの口コミ件数の多い20院の平均施術料を出してみると——

・全身…¥401,945
・ワキ…¥14,825
・顔…¥131,325
・VIO…¥67,975
・腕(ヒジ上)…¥83,375
・腕(ヒジ下)…¥82,500
・足(ヒザ上)…¥108,750
・足(ヒザ下)…¥100,500
・背中(上下)…¥91,917
・うなじ…¥57,250

となりました。

以上でお分かりのように、医療クリニックは脱毛サロンに比べてはるかに料金が高くなっています。特に顔脱毛など、クリニックで施術を受けるとサロンの3倍以上の施術料となります。

効果

上の文章で述べたように、脱毛サロンと医療クリニックでは脱毛方法が違うため、その効果も違ってきます。

脱毛サロンの場合、現在主流となっている方式は、IPL脱毛、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン法の4つ。

IPL脱毛はサロンの脱毛方法の中でも最もポピュラーなもので、フラッシュ脱毛、光脱毛という別名を持っています。1回の照射面積が大きいため、広いパーツのムダ毛を手入れすることができます。施術もスピーディーで、しかも光のパワーが抑えられているために痛みも軽くなっています。

他の方法もそれぞれ長所と短所がありますが、サロンの場合は「脱毛」とうたってはいるものの、実は「減毛」「抑毛」にすぎません。ツルツルになったとしても、その状態は一時的です。

一方、医療クリニックではレーザーによって施術をおこないます。

レーザー光線には、ダイオード、YAG、アレキサンドラライトなどがあり、異なる波長を持っていますが、いずれもその威力はサロンのマシンとは比較になりません。

確実に脱毛したいなら、やはりクリニックで施術すべきです。

保証

保証に関しては、脱毛サロンと医療クリニックでそれほどの違いはない、といっていいでしょう。

何年間も満足がいくまで施術に通うことができる「永久保証」、所定の期間だけ有効期限を延長できる「期間保証」、コース解約の時に前払い金の余剰分を返してくれる「返金保証」などは、サロン、クリニックの両方でやっています。

ただ、クリニックによってその保証の数や条件が異なりますので、あらかじめ公式サイトなどをチェックしておくことが重要です。

その他

サロンと医療クリニックの差に関して、案外見落とされがちなのが、支店(支院)の数です。

「何が重要なの?」と思う人もいるかもしれませんが、脱毛というのはムダ毛の成長期に合わせて処理をおこなうため、どうしても完了までの期間が長くなります。
つまり短くても数ヶ月、あるいは全身脱毛のようなコースになると、数年間は施術場所に通わなければなりません。

それほどの長期間になると、通う側の生活環境が変わってしまう場合があります。転勤や引っ越しがそうですが、転居先に今まで通っていたサロンやクリニックの支店・支院がないため、それまでに前払いした施術料、あるいは契約料が無駄になる可能性があります。

全身脱毛のコースともなると前払いでも相当な料金が求められますから、転居によってそれをドブに捨てることになりかねません。

サロンだと、名前の知られたチェーン店は北海道から九州沖縄まで支店を設けているケースが多く、どこに引っ越しても施術を続けられます。
ところがクリニックの場合は経営が小規模で、支院数は大都市圏を中心にわずか数院という場合が少なくありません。

そんな事実を考慮すれば、仕事の関係で引っ越しを繰り返す人など、多くの都道府県に支店を設けているサロンの方がふさわしいでしょう。

医療脱毛クリニックを選ぶ際に気をつけたいポイント

気をつけたいポイント

料金がリーズナブルか?

クリニックで施術を受ける時、やはり真っ先に気になるのは料金です。

確かに医療クリニックの費用はサロンより高めなのですが、たとえばテレビのコマーシャルで有名な「湘南美容外科クリニック」などは初回の部分脱毛が相当安くなっていて、6回両脇を施術してもらってもわずか1,000円です。

その他にもパーツやプランによって格安料金を設けているクリニックがあるので、ぜひ調べてみてください。

施術時の痛みは強いか?

クリニックの大きなデメリットとなっているのが施術時の痛みです。
最近ではそれに対処しようと、新しい機器を使っているクリニックもあります。

「レジーナクリニック」では部位を冷却しながら施術できる「ジェントルレーズプロ」を用いています。これなら痛みを軽減できますし、麻酔も無料でサービスしてもらえます。痛みに弱い人にはピッタリでしょう。

支院の数は多いか?

そのクリニックの支院がどれだけあるか、というのも大切です。

繁盛している、ということで信頼性が高まりますし、支院が多いと予約の取りやすさが違ってきます。

「リゼクリニック」などは全国にチェーン展開していて、引っ越し先でもそのまま施術してもらえる可能性が高くなります。

以上、医療脱毛クリニックに関する色々な情報を紹介してみました。いかがだったでしょうか。

料金の高さや堅苦しい印象のせいで、クリニックはサロンに比べて行きづらいと思います。でも脱毛効果の高さを考えれば、クリニックのレーザー脱毛は捨てがたいものです。

どうか上に記した情報を参考に、自分にふさわしいクリニックを選んでください。