光脱毛について

サロンと医療クリニックでの施術の違いとは?

一昔前は脱毛の方法として美容電気脱毛(ニードル脱毛)がよく行なわれていて、プローブと呼ばれる針をひとつひとつの毛穴に刺して電気を流していました。

注射嫌いの人なら聞いただけで恐ろしくなるような脱毛方法ですが、実際に痛みが激しい上に時間がかかり、脱毛に対して「すごく面倒なもの」というイメージを持つ人が増えました。

現在はこの方法は一部のクリニックに限られていて、
サロンでもクリニックでも光を使った脱毛が一般的です。

サロンで主流になっているのはIPL脱毛で、もともとニキビ痕、赤ら顔、毛穴の引き締め、くすみの改善のためにエステサロンで使用されていたもの。この効能は脱毛サロンのマシンにも引き継がれていますから、IPL脱毛の施術を受けることで肌のコンディションも良くなるというメリットがあります。

一方、医療クリニックで主流になっているのがレーザー脱毛です。

レーザーにはいくつかの種類があって、それぞれが異なる波長を備えています。

光、音波、電波などは空間を移動していく特別な「波」です。波長というのは、その山から山(谷から谷)までの距離を指します。

その波長が違うとレーザー光の届く深さも違ってきて、脱毛の効果に影響を与えます。

現在採用されている脱毛レーザーには、アレキサンドラライトレーザー、ダイオードレーザー、YAGレーザーといったものがありますが、最も脱毛効果の高いのがYAGレーザー。

ただそれだけ痛みが激しいので、それがイヤならダイオードレーザーを使っているクリニックを選びましょう。ダイオードは1番肌に優しいレーザーです。

それぞれで採用している機器は違っているので、公式サイトなどをチェックしながら、自分に合ったサロンやクリニックを選んで下さい。

仙台の人気脱毛サロンランキングTOPへ