脱毛の副作用は?

副作用について

脱毛処理による副作用について

現在サロンや医療クリニックで主流になっている脱毛法は、ムダ毛の毛根に熱によるダメージを与えるというもの。毛根を死滅させるほどのパワーを加えますから、肌への影響もどうしても生じてしまいます。

もちろん施術側では冷やしたジェルなどで対応はしているのですが、ある程度の副作用は避けることができません。

施術後の主な副作用は以下の通りです——

赤み(皮膚の炎症)

サロンやクリニックでは特殊な光やレーザーを照射し、その光が毛根のメラニンに反応して生じた熱によって組織を破壊。毛根を死滅させることで脱毛効果を得ます。

このため、毛根の周りにも熱が移って、どうしても皮膚に炎症が起こります。副作用とはいっても、それだけ効果が上がっている証拠でもあります。

やけど

施術者が照射パワーを間違えて上げすぎてしまうと、毛根ばかりでなく周辺の肌へも影響が大きくなり、炎症の程度を超えてやけどの症状を起こすことがあります。

また日焼けなどで肌色が濃くなっている人、肌の乾燥がひどくコンディションが良好でない人も、やけどのリスクが高まります。

エステティシャンや医師は施術前の肌の状態もしっかりとチェックしていますし、照射についても気をつかっています。
めったにやけどなどは起こりませんが、もし症状が疑われたらすぐにサロンやクリニックに連絡し、適切な対処をしてもらうようにしましょう。

硬毛化

産毛などの細い毛が、フラッシュやレーザーの刺激によって濃くなる現象が「硬毛化」です。

これについては自然現象なので仕方がないのですが、再び脱毛処理を行うことで解決できます。

仙台の人気脱毛サロンランキングTOPへ