サロンで脱毛する

レーザー脱毛なら確実

サービス

少ない回数で確実に脱毛したいならレーザー脱毛がおすすめです。レーザー脱毛は確実性の高い永久脱毛が可能な脱毛方法です。クリニックで脱毛を受けたけれど数年したらまた生えてきた、なんてことがそうそうない脱毛方法ですので、特に定期的な毛の処理に困っている方にお勧めです。

レーザー脱毛とは、メラニンにだけ反応する波長のダイオードレーザー光を使い、高熱で毛乳頭を焼いて脱毛する方式です。他のも永久脱毛方法はありますが、レーザー脱毛のメリットとしては同じ永久脱毛が可能なニードル脱毛に比べて広範囲を脱毛できるため、短時間で広く脱毛ができることです。つまりその分少ない施術回数で済むという事ですね。後はニードル脱毛よりは痛みが少ないと言われています。さらにはニードル脱毛より費用も安く済む場合が殆どです。デメリットはニードル脱毛に比べてマシとはいえ強い痛みがあること。そしてクリニック側も施術に注意するとはいえ、高熱でもあるため火傷のリスクがあります。あとは黒いメラニンに反応する仕組み上、しみのある箇所には使用できません。同様に日焼けで真っ黒になっている方も不可能になります。あまりの細い毛や産毛には効果が無いこともありますね。

レーザー脱毛は、永久脱毛とされてはいますが絶対に二度と生えてこないのかという実証はまだされていない方法です。ただ、毎日のムダ毛の処理から開放される、その事実はやはり大きいため、費用も比較的安価でもありますし、永久脱毛を考えている方にはレーザ脱毛がお勧めです。

仙台脱毛ランキングTOPへ

ニードル脱毛をする前に

needle2仙台でニードル脱毛をお考えの方のために、
ニードル脱毛の特徴やメリット・デメリットをまとめました。

ニードル脱毛とは?

ニードル脱毛はむだ毛を一本ずつ脱毛していく方法です。
毛穴に針を刺し電流を流して毛根を破壊します。
この方法は永久脱毛になります。
永久脱毛とは脱毛一ヵ月後のむだ毛再生率が20%と以下と決まりがあります。

ニードル脱毛のメリット

少ない脱毛回数で効果を得られる可能性が高い脱毛ということです。
該当する脱毛はニードル脱毛と医療系レーザー脱毛です。
レーザー脱毛や脱毛サロンの光脱毛は黒い色に反応して脱毛します。
日焼けした肌のむだ毛処理や白色のむだ毛処理はできません。
ニードル脱毛はそんな時有効です。
若い時、全身脱毛したけど年齢を重ねて白いむだ毛を脱毛したい。
眉毛など毛を残しながら部分的に脱毛したい時です。
肌の色素が濃い乳輪もニードルなら安全に脱毛できます。

剛毛むだ毛にもニードル脱毛は向いています。
レーザー脱毛や光脱毛のように全体を脱毛しないから早く脱毛できます。

ニードル脱毛のデメリット

いいことばかりのニードル脱毛、デメリットはあるのでしょうか?
一本ずつ脱毛するので料金が高くなります。
一本○円という設定や○分○○円という設定です。
広範囲を脱毛できるレーザー脱毛や光脱毛と比べると料金は高めです。

針を毛穴に刺す脱毛なので強い痛みを感じます。
施術する人の技術によっても痛みは変わります。
もとから痛みが強い脱毛です。
外れの施術者に当たった場合、とんでもない痛みの時間になります。

ニードル脱毛は他の脱毛で効果が出にくい部位も安全に脱毛できます。
レーザー脱毛や光脱毛をしながらスポットで使うのに良い脱毛です。

仙台脱毛ランキングなびTOPへ

レーザー脱毛をする前に

仙台でレーザー脱毛をお考えの方のために、
レーザー脱毛の特徴やメリット・デメリットをまとめました。

光脱毛とは?

レーザー脱毛とは、毛のメラニン色素に反応するレーザーの光を利用して毛根を破壊していき、照射を何度か繰り返すことで毛根をすべて破壊することができれば、永久脱毛のような効果を得ることができる特徴があります。

光脱毛のメリット

一回の施術時間は短く、黒ずみや色素沈着を解消したり、美肌効果も期待することができます。
また、個人差はありますが、一度に広範囲を脱毛することができ、一回一回の効果も高いので、脱毛に通う回数も少なくて済みます。

光脱毛のデメリット

しかし、毛のメラニン色素に反応するレーザーの光を照射するため、日焼けがひどい時には施術を受けることができない時もあります。
また、ホクロやアザやシミは、火傷をしてしまう可能性があるので照射できません。
そして光脱毛よりも出力が高いため、一時的に赤みや腫れが出て肌を傷めてしまうこともあります。
施術時は、普通の太さの毛が生えている部位ならばそれほど痛みを感じることはありませんが、太い毛が生えている部位に関しては、激しい痛みを伴うことがあります。

また、産毛はメラニン色素が薄いため反応しにくく、あまり効果がありません。
そしてレーザー脱毛を行っている期間中は、ワックステープや毛抜きなどでの自己処理は制限されます。

まとめ

カミソリでの脱毛も、肌が荒れたりすることがあるので、できるだけ避けるようにしなければなりません。このようにレーザー脱毛を総合的に見てみると、痛みに耐えられない人、レーザー脱毛期間中の自己処理を我慢できない人には不向きな脱毛方法といえます。

ただ、永久脱毛に近い効果を期待することもできるので、よく考えてからレーザー脱毛を受けることをおすすめします。

仙台脱毛ランキングなびTOPへ

光脱毛する前に

Close up of  receiving epilation laser treatment仙台で光脱毛をお考えの方のために、
光脱毛の特徴やメリット・デメリットをまとめました。

光脱毛とは?

光脱毛とは、機械を使って光を照射することにより、メラニンを刺激することで脱毛をしていくという特徴があります。

光脱毛のメリット

光脱毛はレーザー脱毛に比べて出力が低いため、痛みが少なくて済みます。
また、一度に広範囲を照射することができるので、施術時間もとても短いです。
そして施術した部位のソバカスやシミを改善することにも効果があり、美肌にもつながっていきます。
費用も安く手軽に受けることができるので、仕事帰りに通うこともできてとても便利です。

光脱毛のデメリット

しかし、光脱毛は、レーザー脱毛と同様に産毛などの薄い毛にはなかなか反応しにくいため、このような毛には脱毛の効果を期待することはできません。
また、ホクロやシミに照射することができないという点もあります。そして永久脱毛ではないため、数年すると薄い毛が生えてくるということもあります。
更に、レーザー脱毛よりも出力が低いため、脱毛の効果があらわれるまでに時間がかかります。
レーザー脱毛の約2倍の回数の施術を行なわなければ、同じ効果は得られないと考えておく必要があります。そして光脱毛は安全性が高いとはいえ、照射方法や出力を間違えることで、かぶれてしまったり、火傷を負ったりする危険性もあります。

料金も比較的安く、時間も短くて済み、痛みもそれほど伴わないなど良い点もたくさんありますが、効果があらわれるまでに時間がかかり、永久脱毛ではないという難点もあるので、自分に合った脱毛なのかをよく考えてから受けると良いです。

仙台脱毛ランキングなびTOPへ